浜田醤油株式会社

浜田醤油の醤油造りはまず麹

蔵の中では、昔ながらの石室を活かしたこだわりの
麹仕込みから始まります。
仕込まれた麹は、塩水と一緒に木桶の中で
ゆっくりと発酵して行きます。
FRPやステンレスタンクの採用が主流な中、
大量生産には決して向かないこの木桶をわざわざ使用する理由。
後に醸す香を大切に考えるためです。
そして熟成。
じっくり寝かせて、醤油本来の余韻と奥行きを醸します。

浜田醤油が、
何年も何年も試作を繰り返した結果

寝かせるほどにその深みは増しますが、
味、香り、色のバランスを考え、
私たち浜田醤油が出した答えは、
醸造期間1年6ヶ月、540日の自然熟成です。

それが、浜田醤油 最高峰 第7代 540日熟成。

この度、醤油屋がまさに「美味い」と
誇る事が出来る限定のお醤油が出来上がりました。

2016年12月、
熊本から世界に向けて
出荷が始まりました

甘いばかりが九州熊本醤油ではございません。
日本全国の、また世界の美食シーンに向けて、
熊本が育んだ浜田醤油は、また新たな歴史を刻んで行きます。

Return Top