浜田醤油株式会社

熊本は、醤油メーカーの超激戦区。50以上の蔵元が点在するなかで浜田醤油は長きにわたり地元のみなさまに愛されてきました。
浜田醤油はどんな醤油?とよく尋ねられます。メーカーとして業務用を得意としており、いかようにも使っていただける「究極の黒子」を目指してきました。ユーザーに最も近い醤油屋だと思っております。

熊本は阿蘇山系の豊かな水に恵まれ、醤油作りに自然の恩恵を受けております。
ここでは「熊本醤油」についてご紹介します。

特長1 甘みと旨み

熊本醤油は本州に多い本醸造に比べて甘みを強く感じさせます。
塩味をまろやかにするタイプのものから、甘みを全面に押し出したものまで、 調合次第で千差万別の風味。醸造法もメーカーにより多様で奥深い「旨み」が 熊本醤油の醍醐味です。甘さの度合いに比例するかのように根強いファンを
持つ傾向があります。

特長2 食卓に醤油は3本

熊本では食卓に醤油が3本というのが一般的です。甘めの濃口かけ醤油に、 刺身醤油、淡口(あるいはぽん酢)。関東の人が見ると3本食卓で使い分けてるの?
となりますが、それだけ「海のもの山のもの」の食材が豊富で「食が豊か」な証拠。 もちろん、熊本醤油は豊かな食材を際立たせ、食材に鍛えられてきたといっても 良いでしょう。

醤油3 地域密着

「親子三代ここの醤油をつかっている」「ここの醤油じゃないとダメ」。
地元の醤油メーカーの味=家庭の味というほど結びつきが強いのが熊本の特徴。
お客様と醤油屋の強い信頼関係がより良い商品作りにつながっています。
浜田醤油も毎年春と秋に「蔵祭り」というお祭りを開き、 地元のみなさまと交流を深めています。

Return Top